×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム ヘルパーの雇用形態、正社員、常勤とは!

雇用形態、正社員や常勤で働く



せっかく取得した、ホームヘルパーさんの資格です。
介護、福祉の現場で働くとき、やはりその雇用形態は気になるところです。

生活のために、正社員として、あるいは常勤で仕事をしたいと言う方も
いると思います。
さて、その雇用形態は、今現在どのようになっているのでしょう。

今の介護の現場では、その雇用形態は、大きく分けると、
「正社員、常勤」あるいは、「非常勤のパート形式」と言う2形体になります。

働くことを決めるとき、どちらの形体で働くのかは自分のライフスタイルで
決めることになりますが、家庭の事情もよく考えて決めましょう。
自分の収入で家族を支える場合は、やはり正社員、常勤と言うことに
なりますね。

この雇用形態で有れば、給与も定額、いわゆる固定給制度になります。
そして、仕事の成果もあるでしょうが、毎年の昇給制度や業績に応じて
ボーナスなども支給されます。
そして、何よりも福利厚生が整っていると思いますから、社会保険や雇用保険
などの制度も付帯しています。

非常勤、パート、派遣社員などとは違い、簡単に解雇や雇用停止などはまず
有りませんね。
従って、この雇用形式には多くのホームヘルパーさんが、希望しています。
しかし、今の介護、福祉の現場では、その収益が余りよくありません。
ホームヘルパーさんの資格にも2級より1級を持っているとその即戦力や、
色々なノウハウ、スキルも確実に身についていると言うことで実益に見合う
働きが期待できると言うことで、いま、ヘルパー2級の正社員の求人は非常に
少ないのが現状です。

ただ、介護事業者にもよりますが、訪問介護を行っているサービス事業所
などでは、おまり多くの業者が行っていない、夜間の自宅などへの巡回の
サービスを行っているところがあるようですが、このような事業書であれば
その業務内容は非常に厳しいものがありますが、正社員、常勤として就労が
出来るようで、その給与なども比較的高く設定されているようです。

それから、社会福祉法人や、医療法人などの中で、自前の介護施設などを
運営しているところがあり、そのようなところは、その施設で働くための
ホームヘルパーさんを養成するため、募集をかけているところもあります。
このような場合は資格取得後、その施設で働くことが出来るようですが
いろいろな条件なども設定されているようですから、しかり確かめる
ことも大事です。

正社員ではないが、常勤と言う雇用形態もあります。
嘱託という形体で、毎日ヘルパーの仕事をして、収入を得ることも
可能です。
正社員と比較して、多少条件面で悪い面もありますが、この形体でも
固定給やボーナスなどは正社員と同じように支給されるところが多いようです。
こちらも、求人募集は少ないですが、希望者は多いと言うのが現状です。