×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム ヘルパーはどんな仕事をする!

ホームヘルパーの仕事はどのようなものでしょう。



ホームヘルパーさんは、何らかの事情で介護が必要となった高齢者の方や
毎日の生活を送る上で支障がある心身に障害のある方たちが出来るだけ自立
した生活が出来るように、色々な面から手助け、サポートをして上げる仕事
をする人です。

これは、ただ日常生活のサポートをするだけでなく、システムを利用する方が
「人として自分らしい生活」を取り戻すための手助けをすることになります。

へームヘルパーさんの仕事の内容としては、勤務先の事業形態によっても
ちがいますが、大方は介護システムを利用される方の自宅に直接訪問し、
日々の食事の支度や部屋の掃除、洗濯、そして入浴の介助や排泄など
日々の生活の援助をしていきます。

この、ホームヘルパーさんになるには、国の基準で定められた特定の
カリキュラムを修了することで、ホームヘルパーの資格を取得する
ことができ、特別な資格試験などというものはありません。

この資格には、3級から1級まであるのですが、仕事としてホームヘルパー
さんの資格を取得する場合は、2級以上の資格を取得することが大事です。
この資格取得の過程で、実務の経験、いわゆる現場での実習体験が
必須事項になっていますが、それを経験してホームヘルパー2級の資格を
取得しても実際にその後に現場で働く場合はそれ以上にハードな
現場が待っています。

 

さらに、自宅での介護以外に、特別養護老人ホームや、デイケアサービス
などの施設、ショートステイの施設など介護を必要としている方の入所
されている施設や、通いでケアを受けている方などの介護のためその施設で
ホームヘルパーさんとして仕事に従事したりすることになります。

それぞれ介護現場で対応も違ったりしますから、その施設での方法にそって
介護作業を進めることが大事です。
人それぞれ性格も育った環境なども違います。
明るく振舞う人もいますが、やはり落ち込んで暗い状態の方もいます。

そのような方たちを、優しい声や対応で出来るだけ前向きに明るく生きて
いけるようにサポートしてあげることがとても大事です。
何気ない言葉使いや行動が思いもよらない事態を招くこともありますから
慎重さが必要ですね。