×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム ヘルパーの重要性!

ホームヘルパーさんが介護をするときの心構えやその役割



ホームヘルパーさんが,要介護の方たちに自分の持っているスキルや
ノウハウなどを使って行うその役割とは、心身の障害を抱えている方や
年齢的に高齢で、自分ひとりでは中々通常の日常生活が難しいと言う方たちに
必要な介護や介助、福祉的なサービスを提供してあげ、少しでも快適にそして
自立した生活が出来るようにしてあげることです。

また、最近の女性の社会への進出が多くなり、出産なども非常に大変な
事とになり、出来るだけ早くもとの状態に戻れるように主産後のお母さんの
手助けをするというようなサービスも展開されているところもあるようです。

出産直後などは特に、小さなお子さんを一人残して出かけたりすることは
出来ませんから、そのような方たちのために日常生活に必要な買い物など
手伝ったり、家事を手伝ったりと言うようなことも始めているようです。
しかしこれはあくまでも、その介護事業所の考えで行うものであり本来の
介護のサポートとは違います。

従って、事業所としての介護報酬などの対象にはなりません。
ただ、業務の一貫として幅広く、いろいろな形での困っている方への
サービスと言うことになりますが、今後このような状況は確実に増加して
くると思われますね。

さらに、各医療機関も介護サービスなどに乗り出し、通いのデイサービス
などが行われるようになり、ホームヘルパーさんの不足から、事業所などと
業務提携など行われ、ヘルパーさんの派遣なども活発になっているようです。

医療現場の積極的な参入は、要介護者からみても安心ということが得られ
ますから、大いに参入をして欲しいと言うところですね。
日本は今後、ますます高齢化が進むことは確実で、福祉と言う事案のインフラの
整備は、必要不可欠でホームヘルパーと言う介護、福祉の仕事はそれ自体非常に
社会的にみて、重要な役割を持つことになり、やりがいのある仕事になってくる
そう思いますね。

社会において、重要な役割を担うことになるでしょう。

 

 

 

ホームヘルパーさんの仕事をするその意義とは!



要介護の人というと、何も出来ないと考える方もいるかもしれませんが
そうでは有りません。
要介護の認定には、色々な事案で段階があり、程度によってそのランクが
変わってきます。

そんな中での、ホームヘルパーさんが、介護サービスを行うことの意義は、
身体的な障害を持っている方や要介護の認定がされた高齢者の方に、その
ランクによって、さまざまな生活の支援や身体的な介護そして食井生活の
介助や排泄の介助などあらゆる項目でそれぞれの手助けを行います。

ですから、今ホームヘルパーの資格を持っている方は別として、これから
その資格を取得しようよ考えるときには、このような介護の内容をしっかり
把握して、介護の仕事自体がどのようなものなのか知ってそして資格の取得へ
挑んで欲しいと思います。

ホームヘルパーと言う仕事は、本当に大変な仕事です。
とても身体的にも精神的にもハードです。
健常者であれば、簡単に持てるお箸やスプーンでも、介護の必要な方にはそれは
何十キロ何十トンもの物を持つに等しい重労働なんですね。
しかも、それを持とうとしても簡単には持つことも出来ません。

いつもの生活で、何のことも無い状況を見ていて、それをそのままの思考で
考えると、腹が立つでしょう。
ですから、それをしっかり理解できる、理解してあげられる精神を身に付けないと
自分自身の身体も精神力も持ちません。

手助けで、少しでも自立して、色々なことが出来るように支えてあげると
言うことがその仕事になります。
いわゆる、「自立への手助け」ということですね。

私たち健常者でも、怪我をしたときなど、歩いたり、物を持ったりするときに
痛くないように、工夫して物を持ちますね。
要介護者の方にも何かそのような自分でもてたり、少しでも自分のことが自分で
出来る、ちょっとした方法やコツもあると思います。

そんな、能力やコツを見つけ出してその人が少しでも前進できるように支援して
上げることもホームヘルパーさんのとても大切な役目ということになりますね。

押し付けるのではなく、そして叱るのではなく、心から優しさを持ってその
ことを支援してあげ、人間の尊厳ということを考えながら、明るい人生をあるく
ことが出来るように一緒に手を取り合ってあげて欲しいと思いますね。

狭い範囲での物の見方ではなく、大所から大きな心で俯瞰して鷹揚な心で
対応して、人生をお互いに満足して歩くことが大事と思います。
そんな素敵なホームヘルパーさんになって欲しいですね。


 

これから益々重要な存在になる、ホームヘルパーさん!



現在、日本では介護関係、福祉関係での資格所有者が大きく不足していて
その影響が出始めています。
高齢化は今後も確実に進んでいき益々、要介護という方が増加すると言う
ことは目に見えています。

そんな中でのホームヘルパーの資格所有者や介護福祉士さんなどの存在は
非常に意義のあるものですし、この資格の取得にチャレンジして欲しいと
おもいます。

しかし、現実はそんなに甘くは無く、その在職率は非常に短く数年でこの
介護の業界から去る方は多いんですね。
その一番の要因は、業務内容が非常にハードだと言うことと、それに見合う
報酬が無いと言うことです。

考え方として、当然のことでしょう。
頑張ったらそれに見合う見返りがないと働く意欲が失われることはなにも
この介護の仕事に限ったことではありません。

そのため、一昨年前から、政府からの介護報酬の率が見直されわずかですが
アップされました。
しかし、介護事業所などでは色々な経費が沢山かかり、これまでも赤字経営
と言うところが多かったので、その分が補填される状況で、実際の社員の
給与などにはとても反映されていないのが現状と言うことです。

しかし、色々なところから不満や事業の推進に影響なども出始めているので
政府も、このままの状態で放置することは出来ないと考えられますから
時期などは未定ですが、今後更なる見直しも必ずあると思います。

人手不足は、高齢者や要介護者などの命にもかかわる大変重要な問題です。
はやく、絶対数が確保され安心して生活が出来るようになることが求められ
ますね。

高齢化とともに、核家族化も進行していますから、田舎には高齢者だけが
取り残され、子供たちは都会での生活になり自分の親の介護も出来ないと
言うような状況になっています。

毎日の生活に支障がある方には、このホームヘルパーさんの存在はきわめて
重要な位置づけになります。
もし、要介護であってもその資格の所有者が地域に、事業所に居なければ
その方は、介護を受けることが不可能になってしまいます。

と言うことは、その人は何のサポートも受けられれないと言うことになります。
近くに家族や親戚などが居ればまだいいのですが、核家族化という問題は
この地方の要介護者の問題にも影響を及ぼし、非常に危険なことにもなって
来ますね。

介護事業者はそのような事態になったとき、ヘルパーさんに通常以上の労働を
頼むことににもなるんですね。
こんどはそのヘルパーさんの健康の問題にも発展してくると言う非常に悪い
スパイラルに落ち込んでしまいます。

要介護の人にとってはホームヘルパーさんは、命綱ともいえますし、自分の
家族でもあり、体の一部でもあるんですね。
ですから、要介護者がホームヘルパーさんを利用することができないいうのは、
快適な生活を送ることができなくなるということになるんですね。

従って、ホームヘルパーさんの仕事は、とても重要な役割を持っていることと
今後、益々必要度が増してくると言うことになるんです。